事務局員紹介その2

JBA事務局員の直野と申します。

20174月より、事務局を手伝わせていただいております。

普段は、一般社団法人日本クルベジ協会にて、炭素貯留履歴の管理手法の開発や、環境保全型農業としての太陽光パネル下での作物栽培に関する研究に従事しております。

これから日本の農山村の人口は、急速に減少していくと予想されております。これまでは、それは当然の成り行きであるとして、真剣に考えたことはありませんでしたが、この仕事に就いて以来、まさに我が事として考えるようになりました。 

農地から、社会や地球を考えること。

大げさな表現ですが、そういう視点が、地域や日本の将来を考えることにも繋がると実感しています。

若輩者ではありますが、何卒よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です