「最新情報」カテゴリーアーカイブ

バイオ炭利用が気候変動緩和のための手法へ(IPCC)

第49回IPCC(気候変動に関する政府間パネル)総会が5月8日―12日に京都にて開かれ、温室効果ガス排出・吸収量算定ガイドラインの改良報告書が採択・受諾されました。同報告書によると、2006年に定められたガイドラインに、農地、草地へ加えられたバイオ炭の土壌炭素ストックへの影響を計るための算定方法が追加記載されるとのことです。
つまり、バイオ炭の土への施用が、気候変動緩和に貢献すると国際的に認められたかたちとなります。

環境省報道資料はこちら
https://www.env.go.jp/press/files/jp/111522.pdf

炭(バイオ炭)の再利用

大阪バーベキュー宅配センター様より宅配バーベキューで利用された消し炭や未使用の炭(バイオ炭)の提供がありました。

使われないバイオ炭をそのまま焼却するのではなく、地中に埋めることで温室効果ガス削減に有効であることを早くから理解されており、わざわざ京都・亀岡圃場にお持ちいただきました。

今後のご提供も期待しています。

また、この活動がここだけにならず他にも広がることを願います。

2019年6月7日 木質炭化学会&合同講演会のご案内

日本バイオ炭普及会・炭やきの会・木質炭化学会共催合同講演会および第17回木質炭化学会総会ならびに研究発表会のご案内
後援:林野庁、東京大学大学院農学生命科学研究科

1.日時
平成31年6月6日(木)~7日(金)
6月6日 (木)10:30~12:00   木質炭化学会運営委員会
13:00~13:30        総会
13:00~17:00        企業展示
13:45~17:00        研究発表会(予定)
17:00~19:00        懇親会(東大生協農学部店)

6月7日(金) 9:00~11:30    研究発表会(予定)
9:00~17:00         企業展示
16:00~16:20        表彰式,閉会式
12:00~12:30        JBA総会(予定)
〈JBA(日本バイオ炭普及会)・炭やきの会との共催合同講演会〉
12:50~16:00        合同講演会
12:50~13:00        趣旨説明(予定)
13:00~13:55        加熱がひきだす食物のおいしさ(仮題)
(横浜国立大学教育学部 杉山 久仁子氏)
14:00~14:55        COPの意義と課題(仮題)
(環境省 地球環境局大井 通博 氏)
15:00~15:55        バイオ炭の研究動向と進むべき道(仮題)
(明星大学 吉澤 秀治 氏)

2.場所
総会・研究発表会:東京大学農学部フードサイエンス棟中島ホール
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学弥生キャンパス
7号館B棟隣 https://www.a.u-tokyo.ac.jp/access/access_map.html
懇親会:東大生協農学部店
東京都文京区弥生1-1-1 東京大学弥生キャンパス

3.参加費 ※合同講演会のみの参加の場合は、1,000円(資料代)を会場にてお支払いいただきます。

単位(円) 研究発表会  懇親会 
予約  非予約  予約  非予約 
会員  6,000 7,000 3,500 4,000
法人会員  6,000 7,000 3,500 4,000
学生会員  3,000 4,000 2,000 2,000
関係者  5,000 6,000 3,500 4,000
非会員  7,000 8,000 4,000 4,500

※学生会員,関係者以外の参加費にはシンポジウム要旨集代が含まれます。
※関係者とは,共催・後援団体の会員等です。
※法人会員は1社より複数名の参加が可能ですが,1名毎に上記の参加費用が
それぞれ必要となります。
※参加費用納入期限(5月7日)を過ぎた参加申し込みは,非予約扱いとなります。

詳しくは木質炭化学会Webサイトにて確認いただけます。
http://www.wcrs.jp/conference.html

 

平成30年度 バイオ炭の活用による吸収源検討会(第2回)

2019年3月11日、東京都内にて環境省主催の「バイオ炭活用による吸収源検討会」が開催されました。 JBAからは柴田事務局長が委員として参加しております。5月に京都で開催されるIPCC総会においてバイオ炭が議論される可能性が高いため、国際的な動向を意識した検討内容になっております。

平成30年度バイオ炭の活用による吸収源検討会(第2回) 出席者名簿・参考資料1

平成30年度バイオ炭の活用による吸収源検討会(第2回) 資料1

平成30年度バイオ炭の活用による吸収源検討会(第2回) 資料2